数学

スポンサーリンク
場合の数と確率

【余事象の確率】ゼロから学べる使い方・見分け方|工学博士のわかりやすい解説

余事象は確率を学ぶ上では避けて通れません。それほど使いやすく優秀な方法ということです。 普通の確率との違いはどこにあるのか?どう言う場面で威力を発揮する方法なのか?今回は普通の確率を計算する場面と余事象を使う場面を紹介して、余事象の...
2021.01.10
数学

二次方程式の解の公式を証明|分かりやすい解説

二次方程式にはいくつか解き方がありますが、最も使いやすく、なんでも解けるのが解の公式です。 解の公式 \(ax^2+bx+c=0\)のとき、$$x=\frac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}$$ この記事では解...
数学

1記事で分かる初めての【二次方程式】| 文系OK

中学数学の難敵の1つに二次方程式があります。 なぜ難敵かと言うと、中学で習う「代数」の頂点に位置するからです。代数っていうのは「正の数・負の数」や「分配法則」、「平方根」、「文字式」に「方程式」といった、聞くだけで嫌になるような単元達...
2020.05.06
スポンサーリンク
ベクトル

【ベクトルの内積】とは|定義や使い方を解説

こんにちは、工学博士のKotaです。 今回はベクトルを習うと必ず通る道【内積】です。私もベクトルの内積は影をイメージしてホニャララって説明で何も理解できなかった記憶があります。 そこで、ベクトルの内積とは何か、どう使える...
ベクトル

【ベクトル】とは|意味やスカラーとの違いを解説

高校数学の最大の敵の1つが【ベクトル】です。 数学なのに矢印が出てくる。図形ともちょっと違う。 しかも、【スカラー】って新しい単語も出てきて混乱してしまいます。 この厄介な【ベクトル】をしっかり理解しましょ...
場合の数と確率

【円順列】普通の順列との違いや公式を例題と共に工学博士が徹底解説!

例題5人(Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん)を丸テーブルに座らせるとき、その座り方は何通りあるか。 5人を順番に並べるには、順列の公式(P)を使えばOKです。 <【順列の公式】Pについて徹底解説【良質な例題を用意】&gt...
2021.01.06
対数関数

【常用対数】と【最高位】の求め方を工学博士が解説【豊富な例題付き】

常用対数とは底が\(10\)の対数のことです。常用対数は使う場面が結構多く、参考書の最後には\(1.00~9.99\)常用対数の表が付いていたりします。 【例】 \(\log_{10}2=0.3010\) \(\log_{10}3=0....
2021.01.01
対数関数

【常用対数】&【底の交換公式】|使い方と証明を工学博士が徹底解説!

対数関数では底(てい)を変えたいタイミングがちょくちょくあります。そんな時に使えるのが底の交換公式です。 底の交換公式 $$\log_ab=\frac{\log_cb}{\log_ca}$$ 但し、\(a, b, c\)が正...
2021.01.01
対数関数

常用対数の表(1.01~9.99)

2019.12.11
対数関数

対数関数とは何か?|【対数】と【関数】の基礎から応用までを工学博士が解説

対数関数は様々な場面で使われる知識なので、理系で生きていくには避けては通れない単元です。工学でもエンジニアでもそうですが、グラフの軸に対数を使用することは良くあります。 ここでは、日常的に使われる対数についての解説をします。 まず【対数...
2021.01.01
スポンサーリンク