過去問

スポンサーリンク
過去問

(2019)令和元年 理論-問9|電験三種過去問解説

問9 図は、実効値が\(1V\)で角周波数\(ω\)が変化する正弦波交流電流を含む回路である。いま、\(ω\)の値が\(ω_1=5krad/s\)、\(ω_2=10krad/s\)、\(ω_3=30krad/s\)と3通りの場合を考...
過去問

(2019)令和元年 理論-問8|電験三種過去問解説

問8 図の回路において、正弦波交流電源と直流電源を流れる電流\(I\)の実効値として、最も近いものを次の\((1)\)~\((5)\)のうちから一つ選べ。ただし、\(E_a\)は交流電圧の実効値、\(E_d\)は直流電圧の大きさ 、...
過去問

(2019)令和元年 理論-問7|電験三種過去問解説

問7 図のように、三つの抵抗\(R_1\)、 \(R_2\)、 \(R_3\) とインダクタンス\(L\)のコイルと静電容量\(C\)のコンデンサが接続されている回路に\(V\)の直流電源が接続されている。定常状態において直流電源...
過去問

(2019)令和元年 理論-問6|電験三種過去問解説

問6 図に示す直流回路は、\(100V\)の直流電圧源に直流電流計を介して\(10Ω\)の抵抗が接続され、\(50Ω\)の抵抗と抵抗\(R\)が接続されている。電流計は\(5A\)を示している。抵抗\(R\)で消費される電力の値\(...
過去問

(2019)令和元年 理論-問5|電験三種過去問解説

問5 図のように、七つの抵抗及び電圧\(E=100V\)の直流電源からなる回路がある。この回路において、\(A-D\)間、\(B-C\)間の各電位差を測定した。このとき、\(A-D\)間の電位差の大きさ\(\)及び \(B-C\)間...
過去問

(2019)令和元年 理論-問4|電験三種過去問解説

問4 図のように磁路の長さ\(l=0.2m\), 断面積\(S=1\times10^{-4}\ m^2\)の環状鉄心に巻数\(N=8000\)の銅線を巻いたコイルがある。このコイルに直流電流\(I=0.1A\)を流したとき, 鉄心中...
過去問

(2019)令和元年 理論-問3|電験三種過去問解説

問3(答え:2) 図は積層した電磁鋼板の鉄心の磁化特性(ヒステリシスループ)を示す。図中の\(B\)及び\(H\)はそれぞれ磁束密度及び磁界の強さを表す。この鉄心にコイルを巻きリアクトルを製作し、商用交流電源に接続した。実効値が\(...
スポンサーリンク