【英語多読】効果はあるのか|実際に3万語読んでみて実感したこと

英語多読は、「優しい絵本から始めてどんどん難しい英語の本を読んでいこうよ!」という学習方法になります。

現在(2021/08/21)100万語読むことを目標に多読を頑張っています!

100万語は英語多読研究会が「ここまでで挫折する人が多いよ」と示してくれている指標になります。

私はハリー・ポッターの原書を英語で読みたい!と思って英語多読を始めました。100万語達成のための段階的目標は下記の通り設定しています。

  1. とにかく多読3万語達成
  2. そして多読12万語達成(\(+9\)万語)
  3. 多読50万語達成(\(+38\)万語)
  4. ついに多読100万語達成!(\(+50\)万語)

詳しい日程の目標や目標の決め方は「【英語多読】『ハリー・ポッター』の原書を英語で読むために、必要な勉強法まとめ」に記載しているので、目標の決め方などを悩んでいる方はこちらを読んでみてくださいな。

今回は、第一段階の3万語を達成したので、3万語達成までにやったことや、実際にやってみて分かった効果をお伝えしていこうかなと思います。

3万語は1番最初のステップですが、英語力が付いた実感がめちゃめちゃあります

実感した効果なども詳しくお伝えしていきますので、最後まで読んでいただけると幸いです。

この記事を読むと・・・

  • 3万語達成した時の多読の効果が分かる!
  • 3万語達成までのオススメ洋書が分かる!
  • 3万語達成した後に読むべき本も分かる!

多読の効果|3万語達成の効果

英語多読で3万語達成した時に感じた多読の効果は、大きく2つかなと思います!

3万語の効果

  1. 英語を日本語に変換せずに読むクセがついた
  2. 英語を読むのが早くなった

1つずつ解説していきますね。

英語を日本語に変換せず読むクセがついた

最初に英語多読を開始したときは、日本語にすることで意味を取っていました。

というか、それでしか意味を取れなかったの方が表現が近いかもしれません。

例えば・・・

”What a bad dog!” \(\rightarrow\)「なんて悪い犬だ」だから、犬に怒ってるのか。

みたいな感じで日本語を介して英語をイメージにすることをしていました。

しかし、多読を繰り返すうちに英語を直で理解している感覚を掴むことができました。

1番驚いたのは、「日本語を介さず理解するぞ!」って意識を持たずに多読をしていたのに、この効果を得ることができたことです。

つまり、多読をしていれば、英語を自然と理解する能力を得られるってことです。

もう少し詳しく説明します。

多読中に分からない(知らない)単語を見ても、なんとなくイメージが湧いてきた時に「あ!英語でイメージ作ってた」と気づきました。

例えば・・・

”The prince was sitting on a throne” という文章を見たときに、プリンスがthroneに座っているイメージを浮かべていました。

ふと、あれ?throneってなんだ??

となった時に英語を直接イメージに変換していたことに気づいたのです。

結局throneは日本語で何と訳されるかは分からないままですが、「throne=立派なイスっぽいイメージ」を持っています。

なので、今後throneに出会ったとしても困ることはないと思います。

この英語をイメージに直接変換できるようになっただけでも3万語の効果はあったと確信しています。

dogを見たら犬の映像をイメージしたら良いよというアドバイスは幾度となく聞いてきましたが、少し腑に落ちました。

英語を読むのが早くなった

2つ目の効果は英語を読むのが早くなったことです。

多読を開始した当初はネイティブの絵本とは言えとてもレベルの低い本を読みました。(ORT Level 1+)

1ページに3-5words程度しかない本です。そのレベルの低い本ですら、なかなか大変でした。

しかし、3万語達成後に同じ絵本を読むと、スラスラ、サクサク読めるではないですか!

英語に慣れたのかな〜と思っています。(時間測っておけば良かった・・・)

英語を日本語にしなくなったのも早くなった要因の1つだと思います。

以上の2つが実感した効果になります。

リスニングやスピーキングに効果があるかどうかは、今後の検証に譲る予定です。

なんたってまだ第一目標を達成しただけなので!

続報にご期待ください!!

英語多読|3万語達成までのオススメ洋書

私はOxford Reading Clubを利用してOxford Reading TreeのLevel 1-6を読みました。

計240冊です!

全て買うと軽く10万円超えてしまう量ですが、Oxford Reading Clubであれば月990円で利用可能なので多読を始める方にはオススメです。

立てた目標は下記の通りです。

■Oxford Reading Tree

Level 4:約\(154\)語\(\times 36\)冊\(=5,544words\)

Level 5:約\(328\)語\(\times 36\)冊\(=11,808words\)

Level 6:約\(514\)語\(\times 24\)冊\(=12,336words\)

合計:約3万語!

期日:8/31 (開始から16日)

期日は2021/08/15-08/31としていましたが、08/20に達成できました。

また計画にはありませんが、ORTのLevel 1-3も読みました。

ですが、ワード数が非常に少ないのでカウントせずに4−6をカウントしました。

私は一応大学で工学博士を取得しており、英語で論文を読んだり書いたりしていた経験があります。しかし、とっても簡単なORT Level 1から多読をスタートしました。

ここでは、

  • なぜORTを読んだか
  • Level 1から読んだ理由

について詳しく説明していきたいと思います。

なぜOxford Reading Tree (ORT)を読んだか|有名だから

Oxford Reading Tree (ORT) を読んだ理由ですが、単純に有名だったからです。

正直色々迷ったのですが、迷う時間があれば読みたいなと思ったので有名なORTを読むことにしました。

実際これが大正解で、読みやすくストーリーも面白いので飽きずに3万語達成できました。

イギリスでは7割近くの小学校で実際に使われている教材ということで、質も保証されています。

基礎ができるまではORTでいいかな〜と考えています。

ORTのLevel 1から読んだ理由|Level 4を楽しいと思えなかった

最初にORTのLevel 1を読んでみると、ワード数が以上に少なかったです。

「これじゃ3万語なんて遠いし、試しにLevel 4を読んでみるかー」と挑戦すると全然読書を楽しめませんでした。

英語を訳す作業をしている感覚に陥ってしまい、このままだと絶対に多読が続かないと確信して、Level 1から開始したのです。

現在ではLevel 4どころかLevel 6でもサクサク読めるまでに成長しました笑

なので、今から多読を始めようと思っているのであれば、ぜひ!簡単な絵本から始めることをお勧めします!

英語多読|今後の計画

今後も変わらず100万語を目指すのですが、次の段階的目標は12万語の達成です。

\(+9\)万語ですね!

最初の計画では下記の通り計画を立てました。

■Oxford Reading Tree

Level 7:約\(915\)語\(\times 24\)冊\(=21,960words\)

Level 8:約\(1080\)語\(\times 18\)冊\(=11,808words\)

Level 9:約\(1375\)語\(\times 18\)冊\(=24,750words\)

ここまでで、66,150words

■Oxford Bookworms
■Oxford Dominoes

これらのシリーズも追加していきます。

まだどちらをメインで読むか決めていませんが、これらのシリーズのStarter (Level 0)を取り入れます。

Starter:約\(1500\)語\(\times 16\)冊\(=24,000words\)

合計:約9万語+3万語=12万語

期日:9/31(1ヶ月)

ORTはLevel 9まであるのでそれを読み切ります。

そして、Grated Readersという英語学習者向けの新しいシリーズに突入する計画です。

新しいシリーズの感想や、12万語で得られた効果について、12万語達成した時にも報告記事を書く予定です!

多読の効果検証|英検を受験

また、ただ多読をしているだけでは、モチベーションが下がるかなと思ったのと、客観的に英語力を測りたいと思ったので、英検を受験しようと思っています。

今は準2級を持っているので(約10年前取得 笑)2級と準1級を受けようかなと思っています。

準1級は正直受かる気がしないのですが、ベンチマークにはちょうどいいと考えてます!

まとめ|英語多読3万語達成

多読3万語達成した際の効果と、達成するまでの過程を書いてきました。

  • 読んだ洋書(絵本)はORTのLevel 1-6
  • 絵本を3万語読むことで英語から直接イメージを持てるようになった(完璧ではない)
  • 英語を読むのが早くなる効果もあり!(とても遅いが遅いになる感じ?)

以上です!

質問等ありましたらTwitter・コメント・お問い合わせからご連絡くださーい!

コメント