【無料】数学の遅れを自宅で取り戻す方法【資料請求】

[中1]正負の数とは?正の数・負の数の問題と計算の仕方

正負の数とは、正の数と負の数のことです。
正の数とは、ゼロより大きい数のことです。負の数とは、ゼロより小さい数のことです。

つまり、0(ゼロ)は正の数でも負の数でもないことがわかります。

今回は正負の数について解説し、問題を解くことで理解を深めていきましょう。

当サイトは、工学博士トムソンがトムラボという名前で運営しています。
目次

正負の数とは?

正負の数とは、正の数と負の数のことです。

正負の数
正負の数

正の数とは?

正の数とは、0より大きい数のことです。つまり、数直線で表すとゼロの右側にある数になります。

正の数と数直線
正の数と数直線

正の数は負の数と区別するため、プラスの記号(+)をつけて表されます。
例えば、$8$はゼロより大きい数なので正の数であり、$+8$と表記されます。

負の数とは?

負の数とは、ゼロより小さい数のことです。

つまり、数直線で表すとゼロの左側にある数になります。

負の数と数直線
負の数と数直線

負の数は正の数と区別するため、マイナスの記号(-)を付けて表されます。
例えば、$-8$はゼロより小さい数なので負の数であり、$-8$と表記されます。

0は正の数?負の数?

正の数は0より大きく、負の数は0より小さいとすると、0は正の数でしょうか負の数でしょうか?

正解は、「0は正の数でも負の数でもない」です。

0は整数の仲間になります。詳しくは下記の記事が参考になります。

正の数と負の数の利用

正の数と負の数は、数学、科学、日常生活など、さまざまな状況で使用されます。

たとえば、1万円の借金がある場合、それは負の数 (-1万円) として表すことができます。

逆に貯金が1万円ある場合、それは正の数(+1万円)もしくは(1万円)と表されます。
正と負の数値は、温度や高度を表すためにも使用されます。

温度の例: -10°Cは0°Cよりも10℃寒い
高度の例: 高度1,000メートルで飛行する飛行機は、高度0メートルよりも高い

正負の数のよくある質問

よくある質問
よくある質問
Q
正の数とは何ですか?
A

正の数は、ゼロより大きい数です。

Q
負の数とは何ですか?
A

負の数はゼロより小さい数です。

Q
ゼロは正の数ですか、負の数ですか?
A

ゼロは正または負の数とは見なされません。ゼロはゼロより大きくも小さくもないためです。

Q
数値の絶対値とは何ですか?
A

数値の絶対値は、数直線上のゼロからの距離です。 たとえば、数値-8の絶対値は8であり、数値8の絶対値も8です。数値自体が正か負かに関係なく、数値の絶対値は常に正です。

絶対値については下記の記事が参考になります。

正の数・負の数の計算問題

正の数・負の数の四則演算の計算問題を解いてみましょう。

正の数・負の数の足し算

問題

(1) 5 + (-3) =

(2) 10 + (-5) =

(3) (-5) + (-2) = -7

答え

(1) 5 + (-3) = 2

(2) 10 + (-5) = 5

(3) (-5) + (-2) = -7

正の数・負の数の引き算

問題

(1) (-10) – 3 =

(2) (-5) – 7 =

答え

(1) (-10) – 3 = -13

(2) (-5) – 7 = -12

正の数・負の数の掛け算

問題

(1) 5 x (-3) =

(2) 10 x (-2) =

答え

(1) 5 x (-3) = -15

(2) 10 x (-2) = -20

正の数・負の数の割り算

問題

(1) 20 ÷ (-5) =

(2) 50 ÷ (-10) =

答え

(1) 20 ÷ (-5) = -4

(2) 50 ÷ (-10) = -5

正負の数まとめ

正負の数について説明しました。

正負の数とは、正の数と負の数のことです。正の数は0より大きい数で、負の数は0より小さい数のことです。0は正の数にも負の数にも含まれないので注意が必要です。

関連記事

正の数・負の数に関連する記事を一覧にしました。参考になりますので、よかったらご活用ください。

絶対値とは?意味と計算を分かりやすく解説

正の数とは?定義と読み方、自然数や整数、0、負の数との違い

負の数とは?定義と読み方、整数や0、自然数、正の数との違い

自然数とは?意味、整数や0、正の数との違い、正の整数との関係

自然数に0は含まれているか|理由もわかりやすく解説

整数とは?0は整数か、正の数や自然数との違い、分数に直す方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次