【無料】数学の遅れを自宅で取り戻す方法【資料請求】

[数1]単項式と多項式|単項式と多項式の違い、乗除の計算を解説

単項式と多項式は項が1個だけなのか、項が2つ以上あるのかの違いがあります。

今回は単項式と多項式の違いと、単項式と多項式の乗法と除法の計算について解説していきます。

当サイトは、工学博士トムソンがトムラボという名前で運営しています。
目次

単項式と多項式

まずは単項式と多項式の違いについて見ていきましょう。

単項式とは

単項式とは、項が1つしかない式のことです。例えば以下のような式が単項式です。

単項式とは

多項式とは

多項式とは、単項式の和で表される式のことです。例えば以下のような式が多項式です。

多項式とは

単項式と多項式の違い

単項式と多項式の違いは、一言で言えば項が1つか2つ以上かです。

それ以外にも次数、係数の考え方に違いがあります。

次数の違い

次数の違いとして、単項式は単項式に含まれている文字の数がそのまま次数になります。

単項式の次数

単項式の次数は上記のようなイメージになります。
文字に着目すると答えが変わるのですが、詳しい解説は参考記事に譲ります。


一方で多項式は、多項式の項の中で次数が最も大きい項の次数が、その多項式の次数となります。

例を見てみましょう。

$4x^3+2x^2+x+9$であれば、この多項式の項は$4x^3,\ 2x^2,\ x,\ 9$の4つです。
これらの項の次数はそれぞれ$3,\ 2,\ 1,\ 0$です。

次数が最大の項は、次数が3の$4x^3$です。
よって、多項式の$4x^3+2x^2+x+9$の次数は3となります。

多項式も着目する文字があると答えが変わります。詳しい解説は参考記事に譲りますね。

係数の違い

単項式と多項式では係数の違いもあります。

単項式の係数は、単項式の数字の部分が係数になります。例えば、$4xy$であれば係数は4です。
一方、多項式の係数は項ごとにあります。こちらも例を見てみましょう。

$4x^2-5x+3$だとしたら、項は$4x^2,\ -5x,\ 3$の3つで、係数はそれぞれ$4,\ -5,\ 3$となります。

係数は文字に着目するかどうかで答えが変わります。詳しい解説は参考記事に譲らせていただきます。

単項式と多項式の乗法と除法

単項式と多項式の乗法・除法では分配法則を使って計算します。

$5a(2a-3b)$を計算してみましょう。

単項式と多項式の乗法

乗法では、上記のような計算になります。
除法では、掛ける数の逆数を掛け算してやればいいので本質的には同じ計算になります。

単項式と多項式の除法

除法は上記のような計算になります。

関連記事

最後に単項式と多項式の関連記事を紹介して終わりたいと思います。

[数1]定数項とは?求め方、定数項の意味と多項式との関係を解説

[数1]項とは?項の意味と求め方、単項式と多項式で解説

[数1]同類項とは?多項式の同類項をまとめる問題、計算方法を解説

[数1]何次式とは?2次式、3次式、4次式の違いと何次式の求め方

[数1]整式とは?整式の整理と整式の意味を解説

[数1]数と式|問題でわかる多項式、単項式、次数、係数、項、同類項、定数項

[数1]展開公式|高校数学、公式一覧、3つ、4つ、三乗を解説

[数1]単項式と多項式|単項式と多項式の違い、乗除の計算を解説

[数1]次数と係数|単項式の次数と係数、係数と次数の覚え方を解説

[数1]指数法則とは?ルート、分数、証明、問題、公式を解説

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次