【無料】数学の遅れを自宅で取り戻す方法【資料請求】

[数1]定数項とは?求め方、定数項の意味と多項式との関係を解説

定数項とは、多項式の中で着目している文字を含まない項のことです。言い換えると次数が0の項のことです。

3x+5であれば、定数項はxを含んでいない5のことです。

今回は定数項の意味と多項式との関係を解説していきます。

当サイトは、工学博士トムソンがトムラボという名前で運営しています。
目次

定数項とは?

定数項とは、多項式の中で着目している文字を含まない項のことです。言い換えると次数が0の項のことです。

$5x^3+4x^2+x+6$であれば、$x$を含んでいない項なので$6$が定数項となります。$6$以外の項は全て$x$を含んでいるのがわかります。

定数項の求め方

定数項を求めるには、多項式の中から次数が0の項を探せばいいです。

着目する文字がない場合は簡単です。

例えば$4x^2+x+9$であれば、文字を含んでいない項は$9$なので、定数項は$9$です。

少しややこしいのは、着目する文字がある場合です。

文字に着目するときの定数項

$x$に着目するとき、$4x^3+2x^2y+5xy^2+8y^3$の定数項はどの項になるのか。
答えは$8y^3$です。

$8y^3$には$y$が含まれていますが、今は$x$に着目しており$x$が含まれていないため$8y^3$の次数は$0$です。

つまり、定数項は$8y^3$となります。

もう1つ例を見てみましょう。

$a$に着目するとき、$4a^2+3ab+5b^2+2c$の定数項は何になるか。答えは$5b^2+2c$です。

今は$a$に着目しているので、式を書き直すと$4a^2+3ab+(5b^2+2c)$となります。$a$が含まれていない次数が0の項は$5b^2+2c$とわかりますね。

多項式と定数項の関係

多項式と定数項の関係ですが、次数が0の項がその多項式の定数項になります。

つまり、着目する文字によって定数項は変わることになるのです。このことを頭に置いて定数項を求める必要があります。

定数項を求めるときは、着目する文字を忘れずに確認しましょう。

定数項に関連する記事

定数項や次数など、用語に関連する記事を紹介して終わりとします。

[数1]係数とは?係数の意味と求め方、単項式と多項式で解説

[数1]次数とは?次数の意味と求め方、単項式と多項式で解説

[数1]項とは?項の意味と求め方、単項式と多項式で解説

[数1]同類項とは?多項式の同類項をまとめる問題、計算方法を解説

[数1]何次式とは?2次式、3次式、4次式の違いと何次式の求め方

[数1]多項式とは?次数、項、乗法、因数分解、展開、何次式を解説

[数1]単項式とは?単項式の次数と係数、乗法、除法を解説

[数1]整式とは?整式の整理と整式の意味を解説

[数1]数と式|問題でわかる多項式、単項式、次数、係数、項、同類項、定数項

[数1]展開公式|高校数学、公式一覧、3つ、4つ、三乗を解説

[数1]単項式と多項式|単項式と多項式の違い、乗除の計算を解説

[数1]次数と係数|単項式の次数と係数、係数と次数の覚え方を解説

[数1]指数法則とは?ルート、分数、証明、問題、公式を解説

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次