【集中力】大幅アップの勉強タイマー

【組み合わせ】12C11の計算方法【すぐわかる】

12C11を解くと、12になります。

今回は12C11の計算方法について紹介していきます。

目次

12C11の計算とは

12C11の意味は、「12個の中から無作為に11個を選ぶとき、選び方は何パターンありますか?」になります。

もし選んだ順番も含めて何パターンあるか考えたい場合は12P11になります。詳しい計算は下記になります

※参考記事
12P11の計算方法

12C11の計算

記事の始めにもお伝えしましたが、12C11=12になります。

計算は下記の通りです。

$$_{12}C_{11}=\displaystyle \frac{12\times 11\times 10\times 9\times 8\times 7\times 6\times 5\times 4\times 3\times 2}{11\times 10\times 9\times 8\times 7\times 6\times 5\times 4\times 3\times 2\times 1}=12$$

分母と分子で同じ数字を約分して消してあげると、計算が簡単になりますね。

計算式の意味

ではなぜ、下記のような計算式になるのでしょうか。

$$_{12}C_{11}=\displaystyle \frac{12\times 11\times 10\times 9\times 8\times 7\times 6\times 5\times 4\times 3\times 2}{11\times 10\times 9\times 8\times 7\times 6\times 5\times 4\times 3\times 2\times 1}=12$$

実は分母だけだと順番まで加味した計算になっています。

順番を無視して、何を選んだかだけのパターンを数えるために、$11\times 10\times 9\times 8\times 7\times 6\times 5\times 4\times 3\times 2\times 1$の計算で割ることになります。

参考記事

Cの計算自体は下記の記事が参考になります。

※参考記事
[数A]組み合わせの公式|Cの分かりやすい解説【例題付き】

まとめ

今回は12C11の計算を解説してきました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

12C11は「12個の中から11個を選ぶとき、何通りのパターンがありますか?」という計算です。

$$_{12}C_{11}=\displaystyle \frac{12\times 11\times 10\times 9\times 8\times 7\times 6\times 5\times 4\times 3\times 2}{11\times 10\times 9\times 8\times 7\times 6\times 5\times 4\times 3\times 2\times 1}=12$$

場合の数や確率はパターンを出せたら勝ちです。しっかりやり方を覚えておきましょう!

コメント

コメントする

目次