【集中力】大幅アップの勉強タイマー

6600の素因数分解のやり方

ここでは下記のように計算できる、6600の素因数分解を解説していきます。

$$6600 = 2^3\times3\times5^2\times11$$

素因数分解の計算手法も説明していますので、よければ最後までご覧ください。
最後には1000まで素因数分解の一覧表のリンクを載せています。

とても役に立つので、ブックマークしてご活用ください!

正解はどっち?

24を素因数分解すると?

目次

6600の素因数分解

6600は以下のような素数で割れます。

\begin{eqnarray}6600\div2=3300\\3300\div2=1650\\1650\div2=825\\825\div3=275\\275\div5=55\\55\div5=11\\11\div11=1\\\end{eqnarray}

つまり、下記の画像のように素因数分解することができるということです。

6600の素因数分解

以上より、6600を素因数分解すると

$$6600 = 2^3\times3\times5^2\times11$$

となります。

※参考記事
【素因数分解とは】素数と素因数の違い|やり方まで解説【簡単】

1000までの素因数分解一覧

1から1000までの素因数分解の一覧表を記事にしました。
とても役に立つので、ブックマークしてご利用ください!

>>素因数分解の一覧を見る<<

素因数分解クイズ!

正解はどっち?

24を素因数分解すると?

コメント

コメントする

目次