平行四辺形の定義と面積の求め方|小学生でも理解できる解説

今回のテーマは平行四辺形です。

平行四辺形の定義と面積の求め方を小学生でも理解できるように、図をたくさん使ってわかりやすく解説していきます!

九州大学 工学博士で物理学者のトムソンが解説します!
・詳細なプロフィールはこちら

スポンサーリンク

平行四辺形の定義

まずは何が平行四辺形なの?という平行四辺形の定義について解説しますね!

平行四辺形の定義

向かい合う2組の辺が平行な四角形

平行四辺形の定義

つまり、四角形の中で平行な辺が2組あれば平行四辺形です。

正方形・長方形・ひし形の3つも平行四辺形の仲間になりますよ。

平行四辺形の性質(辺・角・対角線)

平行四辺形は向かい合う2組の辺が平行なことで、3つの性質を持ちます。

平行四辺形の性質
  1. 2組の対辺の長さが等しい
  2. 2組の対角の大きさが等しい
  3. 対角線がそれぞれの中点で交わる

『辺・角・対角線』の3つです。とても重要な性質ですが、問題をたくさん解くと自然と身につくので、焦って暗記する必要はありませんよ!

平行四辺形の面積の求め方

平行四辺形の面積の求め方を解説しますね。

平行四辺形の面積の公式

面積の公式はこちら!

$$面積=底辺\times高さ$$

平行四辺形の面積

ポイント!ここが大切

  1. 高さは底辺に垂直な直線です!
  2. 底辺は「底の辺」と書きますが、下にある辺とは限りません

【問題】平行四辺形の面積

公式を使って平行四辺形の面積の問題を解いてみましょう!

【問題】

次の平行四辺形の面積を求めなさい。

平行四辺形の面積の問題

(1)は底辺が\(4cm\)、高さが\(2cm\)なので、\(4\times2=8\)で答えは\(8cm^2\)となります。

(2)は右の辺を底辺とします。

底辺が\(5cm\)、高さが\(3cm\)なので、\(5\times3=15\)で答えは\(15cm^2\)となります。

正方形・長方形・平行四辺形・ひし形・台形の定義や面積の違いはこちらにまとめましたので、ぜひご活用ください!

三角形の面積について

最後に少しだけ三角形の面積について触れておきます。

三角形の面積の公式は、

$$面積=底辺\times高さ\div2$$

です。実は同じ三角形を上下逆に2つくっつけると平行四辺形になるからです!

平行四辺形の面積を\(2\)で割ることで、三角形の面積を求めていたのですね。

今回は以上です!

Translate »
タイトルとURLをコピーしました