【算数が苦手】苦手になってしまう理由と克服する方法

他の教科はなんとかなるけど、算数だけはとっても苦手。

そんなお子さんの話をよく聞きます。

これには理由があって、算数だけは他の教科にない特徴があります。

全ての単元が繋がっていることです。

国社理英は苦手単元を乗り切れば、次は違うことを習う単元になります。

しかし、数学は足し算・掛け算・分数・・・と全てが繋がっているため、1箇所でつまずくと全ての単元でつまずいてしまうのです。

この記事では、誰でも算数の苦手意識を克服して、得意教科に変化させる方法を紹介しています!

理系苦手
理系苦手

全く算数ができないけど、本当に得意教科になるのかな?

大丈夫です!安心してください。

この記事を通して。

  • なぜ算数が苦手になるのか
  • どうやったら得意科目になるのか
  • 具体的に何をやったらいいか

を解説していきます!

スポンサーリンク

算数が苦手になる理由

算数が苦手な理由は簡単で、基礎がしっかりできていないから!

です。

具体的に説明します。

算数は単元ごとに名前がついているものの、全て繋がっています。

足し算が掛け算に・・・
掛け算が割り算に・・・
割り算が分数に・・・
分数が割合に・・・

と言った具合に算数は全てを1本の線で繋ぐことができるのです。

言い換えると、どこかで理解が追いついていない場合、その先全てが分からなくなってしまいます。

例えば、分数の掛け算・割り算が苦手な場合だと、割合や速さの計算はできないでしょう。

もっと言えば、九九が完璧じゃないのに、他の単元はできるようになりません

1つが分からないと全てが分からなくなり、算数が苦手になっていきます。

なので、お子さんの算数が苦手な場合、どこかの単元の基礎がしっかりできていないことが考えられるのです。

では、どうやって算数の苦手意識を克服したら良いか。

トムソン
トムソン

克服する方法について丁寧に解説していきますね!

算数の苦手克服方法

算数の苦手を克服するには、苦手な単元を突き止めることが近道です。

つまり、今やってる単元を一度やめて、1年生の最初から復習していくことで、苦手単元を見つけて克服することになります。

すごく大変で遠回りだと感じると思いますが、これが1番早いです。

逆にこの復習をしないで中学生になり、数学も分からない状態になる方が怖いと思いませんか?

とは言っても大変な作業です。

効率的に苦手単元を突き止める方法をご紹介します。

紹介する方法は2つです。

  1. オンライン塾でプロに相談する
  2. 的を絞って復習する

オンライン塾でプロに相談する

基礎ができていない単元を探すのは結構大変な作業です。時間もかかります。

自分では理解しているつもりになっている場合が多いからです。

理解しているつもりになっていると、問題は解けるけど本質を理解していないという状況になります。

例えば分数だと、

$$\displaystyle \frac{3}{4}\times \displaystyle \frac{2}{3}=\displaystyle \frac{1}{2}$$

の計算はできるけど、分数が何を表しているか理解していない場合ですね。

問題は解けてしまうので、分数を理解していないと気づくのはとっても難しいです・・・

なのでプロにお願いして、見つけてもらおう!という方法になります。

最近ではオンライン塾も増えており、日本トップクラスの講師の授業を自宅で受けられるようになりました。

無料体験もあるので、個人的にはかなりオススメです!

トップクラス講師の授業を無料で受けられるなんて、オンラインがなかった時代の私としては羨ましい限り・・・

無料体験も14日間あって、1番有名なのは東進オンライン学校ですね。

東進オンライン学校 小学部

他にもあまり知られていませんが、数学・算数に特化した塾なんかもあります。

こちらも、東京で活躍しているプロ講師の授業が受けられるのでおすすめです。

「数強塾」オンライン数学克服塾〈プロ講師〉

塾に頼らずにやりたい場合は、大変ですが2つ目の方法がおすすめです。

的を絞って復習してみる

2つ目の方法は的を絞って検討する方法です。

流石に全ての単元で基礎から理解しているか確認していくのは大変なので、小学生が苦手になりやすい単元に絞って検討する方法です。

小学生が苦手になりやすい単元はいくつかあるので、一旦その単元に的を絞って確認してみるのが良いでしょう。

個人的に苦手になりやすい単元は以下の通りです。

4年生の単元

・小数同士の掛け算・割り算

・倍数と約数

分数の計算

5年生の単元

速さ(計算や単位変換など)

割合(比べられる量・百分率など)

赤字は特につまずくことが多い単元を示しています。

まずはこれらの単元に絞って、理解しているか確認するのが良いでしょう。

ここから、分数が苦手であることが分かれば次のステップです。

分数が苦手なのか、割り算から苦手なのかを突き止めていきます。

これを繰り返すことで、どこまで理解していて、どこから理解できていないかを知ることができます!

あとは理解できていなかった単元を逆に辿って克服していくことで、算数の苦手意識を克服できます。

算数が苦手を克服する|まとめ

最後に記事をまとめますと、算数が苦手な理由は基礎がしっかりできていないことです。

苦手を克服するには、

  • 基礎から理解できていない単元を見つける
  • 見つける方法は2つ
  1. オンライン塾でプロに相談する
  2. 苦手になりやすい単元に絞って検討する

そして、苦手な単元を見つけたら1つずつ克服していく!

となります。

トムソン
トムソン

苦手単元を突き止めた後に単元の授業も受けられるので、プロに相談するのは本当におすすめですよ!無料体験だけやってみて、その間に苦手単元を見つけるのはいかがですか?

東進オンライン学校は知名度も高くて安心ですし、特化している塾もオススメです。「数強塾」オンライン数学克服塾

プロフィール
この記事を書いた人
トムソン

運営者:トムソン
工学博士 Webライター 
半導体エンジニア(育休中)

このサイトは数学の知識を中心に、現在挑戦中の英語多読の情報も配信してます。趣味は釣り、筋トレなどなど。
誤植かな?と思ったらお問い合わせ・Twitter(@rikeinvest)からのご連絡お願いいたします!その他質問もOKです!

詳しいプロフィールはこちら
お仕事のご依頼はこちら

Twitterはこちら!英語学習情報配信中
算数
スポンサーリンク
Twitterはこちら!英語学習情報配信中
トムラボ

コメント