【4年生算数】大きな数の計算方法と教え方|一億をこえる数【兆・京など】

今回のテーマは4年生の算数で習う大きな数です。

説明する内容!

  1. 大きな数とは|一億を超える数
  2. 大きな数の仕組み
  3. 大きな数の計算方法

大きな数は一億を超える数で、単位としては兆まで出てきます。算数としての重要度は低いですが、日常生活では良く使う単元です!

トムソン
トムソン

工学博士で25年以上数学を学んできた僕が解説します!

スポンサーリンク

大きな数とは|一億をこえる数

日本の数字の数え方は4けたごとに単位が変わります。

一、十、百、千が基本となって、万、億、兆、京と続いていきます。

一万、十万、百万、千万、一億、十億・・・ですね

かなり前ですが、スーパーコンピューター『京』が話題になりました。

1秒間に1京ケタ計算できるって意味で名付けられたコンピューターです。

ちなみに1京はこちら笑

$$10000000000000000$$

また、『1億総活躍社会』など、大きな数を日常で目にすることは多いですよね。

今回はそんな大きな数についての解説です。

お子さんへの教え方も紹介していきますよ!

大きな数の仕組み

大きな数の仕組みは2つのポイントを抑えればOKです。

どんなに大きな数も\(0-9\)だけで書ける

1つ目のポイントはさっき『京』を紹介しましたが、どんなに大きな数でも\(10\)個の数字を使って書き表せる!です

さっき『京』を紹介しましたが、どんなに大きな数でも次の\(10\)個の数字を使って書き表します。

$$0,\ 1,\ 2,\ 3,\ 4,\ 5,\ 6,\ 7,\ 8,\ 9$$

この\(10\)個です。

大人にとっては当たり前のようですが、非常に重要なので教える際は、しっかり教えてあげましょう!

\(10\)倍するとケタが1つ上がり、\(10\)で割ると下がる

2つ目のポイントは\(10\)倍するとケタが1つ上がり、\(10\)で割ると下がるです。

例えば、\(1000\)億を\(10\)倍すると\(1\)兆になります。

逆に\(1000\)億を\(10\)で割ると\(100\)億になります。

このように\(10\)倍でケタが上がり、\(\div10\)でケタが下がるのです。

非常に重要です。しっかり教えてあげましょう!

同時に\(100\)倍だと2ケタ、\(1000\)倍だと\(3\)ケタ上がることも教えても良いかもしれません。

トムソン
トムソン

ちなみに\(10000\)倍だと単位が変わりますよ!

$$1億\times1万=1兆$$

大きな数の計算方法

最後に大きな数の計算方法を紹介します。

【例題】

\(48\)億\(+973\)億\(=\)

これはコツがわかれば簡単です。

一旦『億』を無視して計算して、最後に『億』をつければOKです。

$$48+973=1021$$

答えは\(1021\)億 と言った具合です。

\(480000000\)と
\(9730000000\)を足しているからです。

\(1021\)の後ろに\(0\)が\(7\)個つくだけですよね!この\(0\)が\(7\)個を『億』と書いているだけです。

この方法は万でも兆でも使えますよ!

ただし、単位が混ざっていると使えません

\(96\)億\(-43\)万\(=\)だと、

\(9600000000\)から\(430000\)を引いているので、単位を無視して計算することができません。

とは言っても、4年生の大きな数で単位が違う計算は見たことがないので大丈夫でしょう!

お子様に余裕があれば、知識として教えてあげる。くらいでいいと思います。

今回は以上です!

お気軽にコメントください! 質問でも、なんでもどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました