【小学4年生】垂直と平行とは|算数で習う四角形と平行と垂直も解説

今回のテーマは直線の垂直と平行です。

説明する内容!

  1. 垂直と平行って何?
  2. 垂直がある四角形
  3. 平行がある四角形

垂直と平行は算数で習いますが、中学・高校数学でも登場する超重要な要素です。超重要ですが、簡単ですよ!

トムソン
トムソン

九州大学 工学博士の僕が解説します!
一緒に学んでいきましょう👍
・詳細なプロフィールはこちら

スポンサーリンク

垂直と平行って何?

垂直と平行を図で説明します!

垂直とは:2つの直線が交わってできる角が直角のとき、この2つの直線は垂直であるといいます。

2つの直線が直角で交わっていれば垂直と言います。『垂直は直角』って覚えましょう。

平行とは:1つの直線に垂直な2つの直線は平行であると言います。

どこまで行っても交わることのない2本の直線と思っていてもOKですよ。

平行がある四角形

平行が重要な四角形はこの3つです!

平行が重要な四角形

重要な理由

平行が重要な理由は四角形の定義です。

3つの四角形の定義を1つずつ見ていきましょう!

平行四辺形の定義

向かい合う2組の辺が平行な四角形

平行四辺形の定義

台形の定義

向かい合う1組の辺が平行な四角形

台形の定義

ひし形の定義

向かい合う2組の辺が平行で、全ての辺の長さが等しい四角形

ひし形の定義

定義を見てもらえるとわかりますが、定義の中に『平行』が入っていますよね!

トムソン
トムソン

平行は四角形を学ぶには絶対に必要ってことです!

垂直がある四角形

垂直が重要な四角形はこの2つです!

平行が重要な四角形

重要な理由

垂直が重要な理由も四角形の定義です。

こちらも2つの四角形の定義を1つずつ見ていきましょう!

正方形の定義

すべての角が直角ですべての辺の長さが等しい四角形

正方形の定義

長方形の定義

4つの角が等しい四角形

長方形の定義

こちらの定義にも、定義の中に『垂直』が入っていますね!

長方形は『全ての角が同じ』ですが、言い換えると全て垂直ってことですからね!

トムソン
トムソン

垂直も平行と同様に四角形を学ぶには絶対に必要です!

四角形の定義の紹介

紹介した四角形の定義をまとめておきますね!

正方形:すべての角が直角ですべての辺の長さが等しい四角形

長方形:4つの角が等しい四角形

平行四辺形:向かい合う2組の辺が平行な四角形

ひし形:向かい合う2組の辺が平行で、全ての辺の長さが等しい四角形

台形:向かい合う1組の辺が平行な四角形

四角形の違いをまとめた記事もあるので、気になったら参考にしてください!

今回は以上です!

お気軽にコメントください! 質問でも、なんでもどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました