【5年生算数】比べられる量・もとにする量・割合を分かりやすく説明してみた

5年生の算数で習う【割合】は難しい単元として有名です。

この記事では【割合】が分からない人に向けて、【割合】の基礎を分かりやすく解説しました。

今回は3つの用語に重点を置いて解説いたします!

  • 割合
  • 比べられる量 (比べる量)
  • もとにする量

割合が難しく感じるのは、上記の言葉の区別をつけるのが大変だからです。

なので、まずはこの3つの単語の意味を解説をします。

そして最後に、実際の文章題を例にして、文章のどこが『比べられる量』・『もとにする量』・『割合』なのかを見つける方法をお教えします!

計算はできるのに言葉の意味が分からない!ってことになってしまわないように頑張りましょう!

トムソン
トムソン

言葉の意味が分かれば、『くもわの公式』が使えるから問題がスラスラ解けるようになるよ♪

スポンサーリンク

割合

最初は割合って何だろう?の解説をします。

割合とは

〇〇は□□の▲▲倍である。

この時の▲▲を割合という。

文字だと分かりずらいので、文章で考えていきますね。

10kgは5kgの2倍である。

この場合だと、\(2\)が割合になります。

もう1問考えてみましょう。

20mは40mの0.5倍である。

割合はどれでしょうか・・・。

\(0.5\)が割合ですね。

 

このように、『ある量』を基準として『もう一方の量』と比べると、ある量はもう一方の量の『何倍』になるのか。

この『何倍』が割合になります。

上記の例でいくと、

  • 『ある量』: 40m
  • 『もう一方の量』:20m
  • 『何倍』:0.5倍

と当てはめることができます。

ちなみに後で解説しますが、

  • 『ある量』: 比べられる量
  • 『もう一方の量』:もとにする量
  • 『何倍』:割合

の関係があります!

トムソン
トムソン

何かと何かを比べると、▲▲倍になる!って時の▲▲を割合って呼ぶよ!

比べられる量(比べる量)

次は比べられる量です。

比べられる量は地域によっては比べる量と呼ばれています。

どちらが正しいかは国語に任せて、算数で使われる意味を理解しましょう!

基本的な考え方は割合と同じです。

比べられる量とは

〇〇は□□の▲▲倍である。

この時の〇〇を比べられる量という。

こちらも文章で考えていきましょう!

10kgは5kgの2倍である。

この時の比べられる量はどれか・・・

10kgが比べられる量です。どうでしょうか?

意外と簡単ではないですか?

さっきと同じ問題でもう1問考えてみます。

20mは40mの0.5倍である。

どれが比べられる量でしょう。

20mが比べられる量になります。

『ある量』を基準として『もう一方の量』と比べると、ある量はもう一方の量の『何倍』になるのか。

この『もう一方の量』が比べられる量です。

  • 『ある量』: 比べられる量
  • 『もう一方の量』:もとにする量
  • 『何倍』:割合

何度でもこの関係を見ておきましょう。

もとにする量

最後はもとにする量です。

もとにする量とは

〇〇は□□の▲▲倍である。

この時の□□をもとにする量という。

これまでと同様ですね。

本当に重要なところなので、もう一度同じ文章で考えてみましょう!

10kgは5kgの2倍である。

もとにする量は5kgです!

もう1問!

20mは40mの0.5倍である。

もとにする量は40m です!

トムソン
トムソン

苦手意識は無くなってきましたか?

ここからは少しレベルを上げて、『割合』・『比べられる量』・『もとにする量』はどれかを考えていきます!

割合・比べられる量・もとにする量はどれか

例題1

テニスクラブの定員は40人で、希望者は20人でした。つまり希望者は定員の0.5倍だったのです。

テニスクラブの『定員』『希望者』『0.5倍』はそれぞれ『割合』・『比べられる量』・『もとにする量』のどれに当てはまるでしょうか。

答え:

  • 定員:もとにする量
  • 希望者:比べられる量
  • 0.5倍:割合

解説:

難しい場合は文章にすると分かりやすいですよ!

希望者は定員の0.5倍

なので、0.5倍が割合であることは簡単に分かります。

希望者と定員を比べていて、定員に対して希望者は・・・と言えるので、定員がもとにする量で希望者が比べられる量だと分かります。

分かりにくい場合は、

〇〇は□□の▲▲倍である。

に当てはめて、

◯:比べられる量
□:もとにする量
▲:割合

と覚えてしまっても良いかもしれません。

割合・比べられる量・もとにする量|まとめ

割合・比べられる量・もとにする量について考えてきました。

〇〇は□□の▲▲倍である。

〇〇:比べられる量

□□:もとにする量

▲▲:割合

これらの用語を覚えることで、実際の計算問題にも活かすことができます。

なぜなら『くもわの公式』を使えるようになるからです。

比べられる量:く
もとにする量:も
割合:わ

の頭文字を取った公式です。

これを使えるようになれば、『割合』の単元は50%ほど終了です!

トムソン
トムソン

次回はこの『くもわの公式』を実際に使って計算する方法について解説していきます!

プロフィール
この記事を書いた人
トムソン

運営者:トムソン
工学博士 Webライター 
半導体エンジニア(育休中)

このサイトは数学の知識を中心に、現在挑戦中の英語多読の情報も配信してます。趣味は釣り、筋トレなどなど。
誤植かな?と思ったらお問い合わせ・Twitter(@rikeinvest)からのご連絡お願いいたします!その他質問もOKです!

詳しいプロフィールはこちら
お仕事のご依頼はこちら

Twitterはこちら!英語学習情報配信中
算数
スポンサーリンク
Twitterはこちら!英語学習情報配信中
トムラボ

コメント