絶対値とは|数直線を使った分かりやすい解説!

スポンサーリンク
 絶対値とは
\(0\)からの距離を表した数値

絶対値とは数直線上で\(0\)からの距離を表した数値です。

なので簡単に言うと\(+,\ -\)の符号を外したものを絶対値と考えてもいいでしょう。

スポンサーリンク

絶対値の具体例

では、絶対値を具体的に考えていきましょう。

数直線上に、\(-6,\ -2.3,\ 0,\ 5\)の数字があります。

この4つの数字の絶対値を求めてみます。

 

\(5\)は0からの距離が\(5\)なので絶対値は\(5\)

\(-6\)は0からの距離が\(6\)なので絶対値は\(6\)

\(-2.3\)は0からの距離が\(2.3\)なので絶対値は\(2.3\)

コメント