キャッシュレス生活を1年間した結果、注意点やコツを大公開

スポンサーリンク

こんにちは、理系投資家のKotaです。

 

実はここ1年ほどはキャッシュレス生活をしていました。現金をなるべく持ってなかったんですよ。

 

さすがに完全キャッシュレスじゃないものの、なかなか便利だなーって印象です。この便利さを共有したい!ってことで、この記事を作成しました。

 

前半では私がキャッシュレスに目を付けた理由、後半ではそのやり方を紹介します。

 

もしキャッシュレスで生きていきたい方がいましたら、参考にしてみてくださいな。

スポンサーリンク

ヨーロッパにかぶれてキャッシュレス生活開始

実はちょうど1年ほど前にヨーロッパ1周旅行に行ってきました。

 

アイルランドの首都ダブリンを起点にバルセロナ→パリ→ケルン(ドイツ)→プラハ(チェコ)→ロンドン→ダブリン→日本って旅程でした。(いや〜、楽しかった 笑)

 

旅行については機会があれば記事にしますが、重要なのは旅行で何を感じたか!

 

クレジットカードの浸透がすごい!そしてキャッシュレス便利!

スリが多い!財布を小さくしたい!」です。笑

現金を管理しなくていい利便性

現金を持ち歩かないってのは、すごくメリットがありました。

 

というのもおつりの管理をしなくていい!ってのは大きいです。普段は小銭を増やしたくないので、支払いの端数が34円とかだと、84円払ったりしてたわけです。

 

が、お釣りがいらない!これは素晴らしい!

 

そして、クレジットで買い物するので記録が全て残っている。「あ〜、これ買ったなあ。来月は節約しよう」といった思考をスムーズにできます。

 

しかもしかも、クレジットカードで払えばポイントがたまるんですなあ。現金だとたまりません。ってことでキャッシュレスはメリットが多いです。

 

そして私にはもう一つ達成したいことがありました。

とにかく財布を小さくしたい

ヨーロッパは非常にスリが多いことで有名です。なので、現地で安くて小さい財布を購入、常にポケットに入れておきました。カバンに入れると取られるかもしれないので。

 

幸いにも私はスリには合わなかったんですが、旅行する中でキャッシュレスと小さい財布の便利さに惹かれたわけです。完全にかぶれたんですな。

 

ただ、キャッシュレス生活のメリットはいくつもあると思います。

手ぶらでOKなキャッシュレス生活

手ぶらで良いってのは素晴らしいですよ。ポケットに小さい財布とスマホだけ!あとは鍵。カバンが必要ありません。

 

もちろん他に必要なものがあるよーって意見もあると思います。でも財布が小さいだけで、カバンの中は意外とスカスカになるもんです。特に長財布利用者!

 

はい、昔の私ですね。長財布大好きだったのでカバンが重い重い。ただしキャッシュレス、というか財布を小さくするにはいくつかハードルがあります

 

私が1番苦労したのはカード類です。

カードを6枚に絞り込む

長財布のいいところはカードがいっぱい入るのです。私は25枚ほど入ってました。それを6枚まで絞り込んだのです。

 

と言いますのも、日本に帰ってきてAmazonで小さな財布を買いました。

これです。めっちゃかっこいいのです!

このようにカードがシャキーン!と段々に飛び出します。この写真の上の画像のカードを入れている小さなポケットに小銭を入れて生活してきました。

 

余談ですが、secridの財布でシャキーン!ってカードを出したら、店員さんから声をかけられる機会が増えました。会話がはずむと結構楽しいですよ

 

この財布に入るカードの枚数が6枚だったので、カードを6枚に絞ったわけです。6枚の内訳はこちら!

  1. クレジットカード(楽天カード)
  2. クレジットカード2(Jalカード)
  3. 交通系IC(Suicaみたいな)
  4. 免許証
  5. nanaco(セブンイレブンのIC)
  6. キャッシュカード(銀行のやつ)

ですね!クレジットカードは正直1枚でいいんですけど、2枚持ち歩いてます。楽天カードは楽天銀行のキャッシュカードにもなるので、私の投資環境だと何かと便利なのです。

 

あと交通系IC。電車に乗ることが多いので必須でした。これはおサイフケータイ機能付きのスマホなら、モバイルSuicaって手もありますが私のスマホはダメでした。

 

免許証はいいとして、次はnanaco。セブンイレブンのヘビーユーザーなので採用しました。あとこれは使ってみて気づいたのですが、最近使える店や自動販売機が増えているので、かなり便利でしたよ!

 

6枚目が銀行のキャッシュカード。現金がなくなると怖いので持ち歩いていました。実際あんまり使わなかったけど、御守りみたいなもんですな。

クレジットカードは必須

人によって持ち歩くカードは違うと思いますが、必須なのはクレジットです。これがないと支払いができません・・・

 

支払いのメインはクレジットってのがキャッシュレスの大前提であります。

 

でも交通系とnanacoってかなり便利だなーって印象を持ちました。

キャッシュレス生活のメリット・デメリット

これまで私の経験をメインで話してきましたが、キャッシュレスをする人全員が通る道を紹介していこうと思います。

 

メリットについては上で説明した通りですが、

  • 財布が小さくていい
  • 手ぶらで移動も可能
  • 現金を管理しなくていい
  • お釣りの受け渡しがない
  • ポイントがたまる

などなど

 

ではデメリットは何か。

日本ではキャッシュは必要

デメリットとしては、最低限の現金を持ち歩く必要があることです。

 

例えばヨーロッパですと、お札を数枚持ち歩いておけばOKです。ごく稀にある現金のみのお店で、いざという時に使えます。が、ほとんど使わないので持っておくだけなんですな。

 

一方日本はまだまだクレジットを使えないお店が多いです。ラーメン屋や食堂がいい例ですが、財布の中の現金の変動が多かったです。なるべく現金を使わないようにしていても、やっぱり必要です。

 

これは財布が小さいので、小銭の量が増えたときなんかは「あーー」ってなったりします。

 

もう慣れましたが。

お札を折るのが面倒

2つ目がこれ。

 

1つ目と関連しますが、お札で払って小銭を小さいポケットに入れて、お札をクリップに止めて・・・

 

この作業に結構時間を取られます。ただ、secridの財布でシャキーン!ってカードを出すのが意外と快感なので、OKとしています。これは人によるかもですねえ。

キャッシュレス生活を1年体験した結果

キャッシュレス生活は正直「アリ」です!

 

楽天カードでがっつりポイントが貯まりましたし、何より楽。財布が小さいだけでかなりストレスフリーになります。以上が1年間体験したキャッシュレス生活の結果です。

 

何か質問などありましたら、ドシドシコメントかお問い合わせページからご連絡ください。

 

とは言っても完全キャッシュレスではないですがね・・・

コメント