【無料】数学の遅れを自宅で取り戻す方法【資料請求】

[中1]等式とは?等号、種類、等式不等式の違い、右辺左辺両辺

等式とは、数や文字、式などが等号(=)で結ばれた数式のことを表しています。等式には方程式と恒等式の2種類があります。

今回は等式とは何か、等式の記号、等式不等式の違い、右辺・左辺・両辺について解説します。

※参考記事
等号とは?等号不等号の違いと等号みたいな記号の意味
[数2]恒等式|方程式と恒等式の違いと恒等式の使い方を解説

当サイトは、工学博士トムソンがトムラボという名前で運営しています。
目次

等式とは?

等式とは、数や文字、式などが等号(=)で結ばれた数式のことを表しています。例えば、$4+3=7$のように左と右が等しい式を等式と言います。

もう1つ具体例を見てみましょう。「1個100円のお菓子を\(x\)個買ったら、600円の代金になった。」を等式で表してみましょう。

$100\times x=600$

上記の式が成り立ちます。\(100x=600\)ですね。これは等式の1種である方程式です。

文字が2つでも3つでも等式は作れます。
『1本\(a\)円のお菓子を10個買ったら、代金は\(b\)円だった』であれば、

\(10a=b\)となるのです。

左辺と右辺と両辺

等式には、イコール(=)の右側と左側が存在しています。

等式の右側・左側には、数学的な用語があり、右辺と左辺と言います。右辺と左辺を合わせて両辺と呼びます。

これは等式に限らず、次に紹介する不等式でも同じように呼んでいますよ。

等号や不等号よりも左側を「左辺(さへん)」右側を「右辺(うへん)」両方合わせて「両辺(りょうへん)」と言います。

数学の問題では、「左辺を〇〇して・・・」のような文章題が出ることもあるので、用語は知っておきましょう。

等式不等式の違い

不等式とは、『不等号を使って、2つの数量の関係を表した式』です。

不等号には4種類あります。

\(>,\ ≧,\ ≦,\ <\)の4つです。左から順に意味を説明します。

>:左は右より大きい
≧:左は右以上
≦:右は左以上
<:右は左より大きい

等式と不等式の違いは、等しいことを表しているか、大小関係を表しているかです。
両辺が等しいことを表すのが等式で、両辺の大小関係を表すのが不等式です。

※参考記事
不等式とは?問題と解き方、計算方法と不等式の性質

等式のまとめ

等式について説明してきました。

等式とは、数や文字、式などが等号(=)で結ばれた数式のことを表しています。
等式の右側を右辺、左側を左辺、右辺と左辺を合わせて両辺と言います。

不等式と等式の違いは、両辺の大小関係を表している(不等式)か、両辺が等しいことを表している(等式)かの違いがあります。

関連記事

今回解説した「等式(とうしき)」を習う文字と式の関連記事を集めました。是非ご活用ください!
文字と式を解説、文字式とは何か、計算方法は?すべて解説

文字式とは?表し方、項、係数の意味、計算方法を解説

等式の変形とは?問題と解き方、分数の場合の計算もすべて解説

文字式の計算どうやる?分数、四則計算の問題と解き方を解説

項とは?数学での意味、項と係数の関係求め方をわかりやすく解説

係数とは?係数と次数の関係、係数の意味と求め方を簡単に解説

一次式とは?簡単に解説、加法と減法のやり方も紹介

文字式の利用の問題と解き方をわかりやすく解説

不等式とは?問題と解き方、計算方法と不等式の性質

不等号とは?意味と読み方、向き、記号、不等号イコールと使い方

方程式とは?問題と解き方、移項、方程式の種類を解説

一次方程式とは?問題と文章題、解き方、分数をわかりやすく解説

分配法則とは?証明と問題、逆、分数、割り算を簡単に解説

等号とは?等号不等号の違いと等号みたいな記号の意味

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次