【無料】数学の遅れを自宅で取り戻す方法【資料請求】

[中1]線分とは?意味と書き方、直線と半直線との違い、端はいくつある?

線分とは、2点を結ぶ真っ直ぐな線です。
そのため線分は2つの端点を持つ直線の一部と考えることもできます。

また、線分と似た用語に直線と半直線があります。線分と直線は、よく間違えて使われてしまっています。
これから数学を学んでいくので、直線と線分の違いはしっかり理解しておきましょう。

今回は、そんな線分について、線分とは何か、直線や半直線との違いについて解説していきます。

当サイトは、工学博士トムソンがトムラボという名前で運営しています。
目次

線分とは?

線分とは、2点を結ぶ真っ直ぐな線です。

2点をAとBとすると、図のように点Aと点Bをつなげる真っ直ぐな線になります。

線分とは
線分とは

点Aと点Bが線分の端になります。

線分と直線、半直線の違い

線分の他に似た用語として、直線と半直線があります。

これまで、線分のことを直線と呼んでいた人も多いと思いますので、ここで違いをしっかり解説します。直線と半直線は下記の意味を持っています。

直線:2点を通るどこまでも延々と伸び続ける真っ直ぐな線

半直線:2点を通り、片方は延々と伸び、片方は点を端とする真っ直ぐな線

図のような関係です。

線分・直線・半直線の違い
線分・直線・半直線の違い

線分、直線と半直線の表し方

直線、線分、半直線を表すには2点の記号を使います。

例えば、AとBを通る線分だと「線分AB」と表します。「線分BA」でも同じ意味になります。
これは直線でも同様で、「直線AB」と「直線BA」は同じ意味を持っています。

しかし、半直線の場合は端としている点を先に書くルールがあります。
点Aを端にしているなら「半直線AB」。点Bを端にしているなら「半直線BA」といった具合です。

図にしておきます。

線分・直線・半直線の表し方
線分・直線・半直線の表し方

線分とは?まとめ

線分について解説してきました。線分は2点を結ぶ真っ直ぐな線です。これまで、線分を直線と呼んできた人は多いはずです。直線と線分、半直線の違いはしっかり理解しておきましょう。

下記の関連記事が参考になります。

関連記事

直線とは?意味と書き方、線分と半直線との違い、端はある?ない?

半直線とは?意味と書き方、線分と直線との違い、どっちが伸びる?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次