【無料】数学の遅れを自宅で取り戻す方法【資料請求】

[中1]正の数とは?定義と読み方、自然数や整数、0、負の数との違い

正の数とは、0より大きい数のことです。
正の数は0より大きいため、数直線のゼロの右側にあり、プラスの記号(+)を使って表記されます。

今回はそんな正の数について、正の数の意味と、自然数や整数、負の数との違いについて解説していきます。

当サイトは、工学博士トムソンがトムラボという名前で運営しています。
目次

正の数とは?

正の数とは、0より大きい数のことです。
正の数は0より大きいため、数直線のゼロの右側にあり、プラスの記号(+)を使って表記されます。

正の数と数直線
正の数と数直線

正の数と負の数、自然数、0整数の違い

正の数が0より大きい数なのに対して、負の数は0より小さい数です。また自然数は、正の数の中でも正の整数のことを指しています。

0は正の数でも負の数でもなく、整数の仲間になります。

正の数は整数以外にも使える?

正の数は、整数以外にも小数、または分数で使えます。

たとえば、8、0.5、および 3/4 はすべて正の数です。
また正の数は使う数値によって、正の整数、正の小数、または正の分数と言うこともできます。

正の数は何に使われる?

正の数は、数学以外にも、科学や日常生活など、さまざまな場面で使われます。

例えば、正の数は数量、距離、温度を表すときなどに使いますね。

正の数の利用例

  • リンゴを5個持っている
  • 駅から100メートルのところに住んでいる
  • 現在の気温は25℃

正の数は、お金を表すのにも使われます(例:私は貯金を3万円持っている)。

逆にお金がない場合は負の数を使います。例えば、10万円の借金がある場合、それはあなたが借りているお金なので、負の数を使って(-10万円)持っていると言えるのです。

正負の数のよくある質問

よくある質問
よくある質問
Q
正の数とは何ですか?
A

正の数とは、0より大きい数です。

Q
正の数はどのように表現されますか?
A

正の数は、プラス記号(+)を使って表されます。たとえば、8は+8と表されます。

Q
正の数は小数になりますか?
A

はい、正の数は小数にすることができます。たとえば、0.5と3.14は、どちらも正の数です。

Q
正の数は、分数にもなりますか?
A

はい、正の数は分数にもなります。たとえば、1/2と3/4はどちらも正の数です。

Q
正の数は、常に負の数より大きいのですか?
A

はい、正の数は常に負の数より大きいです。例えば、正の数8は負の数-8より大きいです。

正の数まとめ

正の数について解説しました。

正の数とは、0より大きい数のことです。数直線上ではゼロの右側に表され、プラス記号(+)で表されます。正の数には、整数、小数、分数があり、数量、距離、温度、お金などを表すのに使われます。

また、当然ですが正の数は負の数より常に大きいことは知っておきましょう。

関連記事

正の数に関連する記事を一覧で紹介します。参考に使用してください。

絶対値とは?意味と計算を分かりやすく解説

正負の数とは?正の数・負の数の問題と計算の仕方

正の数とは?定義と読み方、自然数や整数、0、負の数との違い

負の数とは?定義と読み方、整数や0、自然数、正の数との違い

自然数とは?意味、整数や0、正の数との違い、正の整数との関係

自然数に0は含まれているか|理由もわかりやすく解説

整数とは?0は整数か、正の数や自然数との違い、分数に直す方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次