【文字と式】文字式の数とアルファベットの書き方・表し方【簡単】

今回のテーマは『文字式の表し方』です。

解説する内容!
  • 文字式とは
  • 文字式を書くときの3つのルール
  • \(\pi\)など、数を表す文字のルール

文字式は数学の基礎とも言える重要な単元です。文字式のルールを覚えないと、計算があっているのに間違い扱いになることもあります。

この記事を読んで、ルールを身につけて減点を防ぎましょう!

トムソン
トムソン

九州大学 工学博士の僕が解説します!
一緒に学んでいきましょう👍
・詳細なプロフィールはこちら

スポンサーリンク

文字式とは

文字式とは、『様々な数量を文字を使って表す方法』です。

非常に便利な文字式ですが、使いこなすにはルールが必要です。

文字の使い方、数のおく位置などのルールを学んでいきましょう。

便利なものはルールがあって初めて便利になりますよ!

文字式の表し方

文字式の表し方には、大きく3つのルールがあります。

  1. 「\(\times\)」の記号を省略
  2. 文字はアルファベット順で書き、同じ文字の積は指数で書く
  3. 「\(\div\)」の記号は省略して分数にする

1つずつ見ていきましょう。

ルール1|「\(\times\)」の記号を省略

文字式では基本的に「\(\times\)」の記号を省略することができます。

数字とアルファベットがある場合は、数字が先です。

【例えば】

$$40\times x \rightarrow 40x,\ a\times 32 \rightarrow 32a$$

といった感じです。

ポイントは、数字\(\rightarrow\)アルファベット で 「\(\times\)」を省略です! 

ルール2|文字はアルファベット順で同じ文字の積は指数

文字が複数ある場合は基本的にアルファベット順で書きます。

同じ文字があったら指数で表示します!

【例えば】

$$4\times y \times x=4xy,\ a\times a\times x=a^2x$$

といった感じ。

\(m,\ n\)などが同時に使われると、どっちが先だっけ??ってなることがあるので注意しましょう!

\(m\)が先ですよ!

ルール3|「\(\div\)」の記号は省略して分数にする

「\(\div\)」の記号は省略して分数で表すこともできます。

【例えば】

$$5\div x=\displaystyle \frac{5}{x},\ (6-y)\div5=\displaystyle \frac{6-y}{5}$$

って感じです。

分母と分子を逆に書くのはあるあるなので注意ですよ!

\(6\div 2=3\)だから\(6\div 2=\displaystyle \frac{6}{2}\)で、\(\div\)の後ろの数が下(分母)だ!って覚えましょう。

円周率について|\(\pi\)の置き方

文字式での円周率の扱い方について解説していきます。

数学では円周率の\(3.14\cdots\)を1文字で簡単に『\(\pi\)(ぱい)』と書き表します。

つまり\(\pi\)は文字であると同時に、\(3.14\cdots\)という数字でもあるのです。

数学では、文字だけど数字を表している文字はたくさんあります。

文字式では、こういった『文字だけど数字』を『数字と文字の間』に書く決まりです。

【例えば】

$$x\times \pi\times4=4\pi x$$

といった感じです。

今回は以上です!

お気軽にコメントください! 質問でも、なんでもどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました