【集中力】大幅アップの勉強タイマー

120の平方根、ルート120の計算

120の平方根とは、2乗すると120になる数値のことです。

120の平方根は、10.95445…のことです。

また、数学のルートという記号を使うと、120の平方根をサムネイル画像のようにルート120と表記できます。

では、120の平方根の導出方法を説明します。

目次

120の平方根の意味と値

120の平方根とは、2乗すると120になる数値のことです。

120の平方根を求めるには、2乗した値が120より小さくなる整数の中で最大である数を探します。もし、2乗して120になる整数がみつかれば、その整数が120の平方根と言えます。

120の平方根の求め方

具体的に解説していきます。
120の平方根をルート120と表記すると、不等式で次の式をかけます。

ルート120の計算
ルート120の計算

つまり、120の平方根であるルート120は、10より大きく11より小さいことになります。

次に、10.5を2乗してみます。
10.5 × 10.5 = 110.25

110.25は120より小さいので、120の平方根であるルート120は、10.5より大きいことがわかります。

そして、110.25.6の2乗を計算して、120より大きいか小さいかを確認します。

この2乗計算を何度も続けることで、120平方根を求めます。

結果的に、120の平方根は10.95445…になるのです。

平方根の計算機

このように平方根を計算するのは非常に大変です。

そこで、平方根の計算機を作成したので、ぜひご利用ください。

コメント

コメントする

目次