【集中力】大幅アップの勉強タイマー

身の回りの反比例を3つ紹介!日常生活の例がたくさん!

反比例とは、『2つの量の積が常に一定であること』です。

あっちが増えれば、こっちが減る。

そんな関係を持つのが反比例です。それでは身の回りの反比例の例を見ていきましょう!

目次

身の回りの反比例

身の回りの反比例として、3つ紹介しますね!

  • 1人がもらえるリンゴの数
  • 長方形の面積
  • 時間と距離と速さ

1人がもらえるリンゴ

最初の例はリンゴの数です。

今ここに12個のリンゴがあるとします。

2人で分けるとしたら、1人がもらえるリンゴは12÷2=6なので6個です。

では3人で分けるとしたらどうでしょう。

12÷3=4なので、1人がもらえるリンゴの数は4つです。

人数1234612
リンゴの数1264321

人数とリンゴの数を表にすると、こうなります。

人数が増えるともらえるリンゴの数が減っていますね。

また人数とリンゴの数の積はいつでも12なので、反比例だとわかります。

長方形の面積

次に紹介する例は長方形の面積です。

$24m^2$の長方形があったとき、たてと横の長さの積は常に24になるはずです。

つまり、たてが1mだったら横が24m。

たてが2mなら横が12mとなります。

あっちが増えれば、こっちが減ってますよね。

これも反比例です。

時間と距離と速さ

実は速さも反比例です。

速さ = 距離 ÷ 時間

ですよね。

つまり、速さが時速36kmだったとすると、進む距離が36kmであれば時間は1時間です。

ですが速さが時速18kmだとすると、時間は2時間になります。

速さと時間の積はいつでも一定なのです。

これも身近な反比例の例ですね!

身の回りの反比例まとめ

身の回りの反比例について紹介してきました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

  • 身の回りに反比例はたくさんある
  • リンゴの数や長方形の面積、速さが反比例の例である
  • 常に積が一定であることを意識する!

反比例を習うとグラフの書き方が難しかったり、苦手になる人も多いです。

ただ、身の回りにたくさん反比例があることを知ると、突然身近になりますよね!

とにかく積(掛け算の答え)がいつでも一定とわかっていれば、苦手も得意になりますよ。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次