【集中力】大幅アップの勉強タイマー

1200円の10パーセントオフはいくら?計算する方法の解説【簡単】

1200円の10パーセントオフは1080円です。

この記事は、1200円の10%(パーセント)オフが1080円となる理由、計算方法を詳しく解説していきます。

目次

10パーセントオフの計算

1200円の10パーセントは120円なので、1200円引く120円で10パーセントオフを計算できます。

$$1200-120=1080$$

パーセントは100%(パーセント)を最大として、どの程度の割合がありますか?という計算です。

つまり10%は「100のうち10ありますよ。」という意味になります。

そのため、1200円の10%は$1200\times\dfrac{10}{100}$を計算することで求められるのです。

$$1200\times\dfrac{10}{100} = 120$$

以上より、1200円の10パーセントは120円になります。

最後に割引前の値段である1200円から、割引の120円を引いてあげると、1080円になります。

パーセントの詳しい計算方法は下記の記事が参考になります。

※参考記事
百分率とは、分数をパーセントに直すやり方|小数、割合も

もう1つのパーセント引きの計算方法

10パーセントオフは、全体から10パーセント引きますよ。という計算です。

そのため、先に100%から割引分の10パーセントを引く方法もあります。

$$100-10=90$$

次に、割引前の金額に90パーセントを掛けてあげると、割引された金額となります。

$$1200\times\dfrac{90}{100}=1080$$

以上より、1080円となります。

○円の△パーセントオフの計算

同様に他の計算もすることができます。ここでは1200円の10パーセントをを求めましたが、どんな数字が入っても求められます。

では、○の△パーセントを計算してみましょう。

全部で100%のうちの△パーセントなので、$\dfrac{△}{100}$を○に掛けると求められます。

$$○\times\dfrac{△}{100}$$

800の5パーセントなら、
$800\times\dfrac{5}{100}=40.0$

2000の3パーセントなら、
$2000\times\dfrac{3}{100}=60.0$

といった計算ができます。

\ おすすめの参考書! /

まとめ

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

要点は下記の通りです。

  • 1200円の10%オフは1080円
  • 割引額は$1200\times\dfrac{10}{100}$で計算できる
  • ○の△パーセントは$○\times\dfrac{△}{100}$で計算できる

他の計算も見る

10000円の15パーセントオフは?

2000円の40パーセントオフは?

6900円の5パーセントオフは?

23000円の10パーセントオフは?

7000円の30パーセントオフは?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次