【関数】グラフと座標|軸と原点と座標の意味を解説【簡単】

今回のテーマは『』です。

解説する内容はこちら!

解説する内容!
  • グラフとは
  • グラフの軸と原点
  • 座標とは|座標の書き方

関数とは切っても切れないグラフについての解説です。この記事だけで、グラフの基礎的な要素は全て理解できるので、ぜひ最後まで読んでいってください!

九州大学 工学博士で物理学者のトムソンが解説します!
・詳細なプロフィールはこちら

スポンサーリンク

グラフとは

グラフとは、『関数の入力と出力をひと目でわかるようにしたもの』と考えてください。

この関数は入力が増えると、出力は増えるのかな?減るのかな?

入力が減ると、出力はどうなるのかな?といった疑問に瞬時に答えてくれる、とっても大切な関数のパートナーです。

そんなグラフを使いこなせるように、グラフの見方を解説します。

グラフの軸と原点

グラフには『軸』と『原点』という2つの重要な要素があります。

軸には入力を表す\(x\)軸と、出力を表す\(y\)軸があります。

この\(x\)軸と\(y\)軸が交わる点を『原点』と言います。

\(x\)軸に注目すると、原点から右に行くと数が大きく、左に行くと数が小さくなります。

\(y\)軸に注目すると、原点から上に行くと数が大きく、下に行くと数が小さくなります。

座標とは|座標の書き方

最後は座標です。

グラフ上のある点を示す値を座標と言います。

例えば入力の\(x\)が\(2\)、出力の\(y\)が\(4\)だとします。

\(x\)が\(2\)、\(y\)が\(4\)の点はどこでしょうか?

グラフ上では\(x=2\)、\(y=4\)の交差点に点を打ちます。

点Pを打つと、上の図のようになります。

この時、点Pの\(x\)座標は\(2\)、\(y\)座標は\(4\)といいます。

また\((2,\ 4)\)と書き表し、この\((2,\ 4)\)を点Pの座標と言います。

今回は以上です。

次回は比例とグラフ(比例の式と比例定数)です!

Translate »
タイトルとURLをコピーしました