【集中力】大幅アップの勉強タイマー

10のマイナス13乗を求める手法【すぐわかる】

今回は10の-13乗について説明します。

10の-13乗を値に直すと、1e-13になります。

マイナス乗の計算方法について詳細に解説しますので、よかったら最後まで読んでください。

正解はどっち?

$3^{-2}=$

目次

マイナス乗とは

最初にマイナス乗とは何かを紹介していきます。

例えば2の3乗だと、$2^3=2\times2\times2=8$と計算できます。

これは1に2を3回掛けているとというのはイメージできますよね。

では、2のマイナス3乗だとどうなると思いますか。

2のマイナス3乗の答えは$\dfrac{1}{8}$です。

これは1を2で3回割っていると考えられます。
つまりマイナス乗とは、割ることです。

10のマイナス13乗

マイナス乗を割り算で考えることもできますが、分母に持って行くと考える方がわかりやすい場合もあります。

実際に10のマイナス13乗を計算していきましょう。

$$10^{-13}=\dfrac{1}{10^{13}}=\dfrac{1}{10000000000000}$$

このように計算ができます。

桁数が多くてわかりにくいときは、$10^{-13}$や$\dfrac{1}{10^{13}}$のままにしておく方がわかりやすいですね。

累乗クイズ!

正解はどっち?

$3^{-2}=$

\ おすすめの参考書! /

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

$10^{-13}$について計算してきました。

マイナス乗は1を-13回10で割ると覚えておきましょう!

コメント

コメントする

目次