三角比と三角関数

三角関数の単元は大きく分けると3つの章に分けることができます。三角比三角関数加法定理です。

 

三角比と三角関数は似ているので、何となくつながりを感じられます。しかし、それぞれの中身(何を表しているか)は大きく違います。さらに加法定理に入るとその景色は一気に変わります。まずは、その全体像を知ることが大切です。

 

三角比と三角関数の違いがイマイチしっくり来ていない人は、おススメ記事を読んでみてくださいね!何か掴めるかも知れませんよ。

くりまろ
くりまろ

ちなみに三角比は数Ⅰ、三角関数は数Ⅱの範囲になるから使い分けてね!

おススメ記事!
三角比と三角関数の違い|三角関数の全体像を掴む

三角比

三角比とは \(\sin\)(サイン)、\(\cos\)(コサイン)、\(\tan\)(タンジェント)とは何かとその覚え方を紹介

三角比基本公式3選

三角比の相互関係

・鈍角の三角比

正弦定理の解説と証明

・余弦定理の解説と使い方  ・余弦定理の証明

・三角形の面積(ヘロンの公式) ・ヘロンの公式の証明

三角関数

・一般角についての解説

【弧度法】使い方や定義

・三角関数とは

・三角関数の性質と相互関係

・三角関数のグラフ1(\(\sinθ, \cosθ, \tanθ\))

・三角関数のグラフ2(\(2\sinθや3\cosθ\)など)

・三角関数のグラフ3(\(2\sin(θ-\frac{\pi}{4}\)など)

・三角関数のグラフ4(\(2\sin(\frac{1}{2}θ-\frac{\pi}{4}\)など)

加法定理とその応用

加法定理の証明と覚え方

・2倍角の公式

・半角の公式

・積を和・差に直す公式

・和・差を積に直す公式

・三角関数の合成